耳の病気
中耳炎
0
外耳炎
0
先天性難聴
0
突発性難聴
0
ムンプス難聴
0
天性耳瘻孔・副耳
0
小耳症・外耳道閉鎖症
0
【中耳炎】

 耳鼻咽喉科で最もポピュラーな疾患で、おそらく誰でも一度くらいは小さい頃に中耳炎で耳鼻咽喉科に通った経験があることと思います。風邪症状のあと、耳と鼻をつなぐ耳管という管を通って、鼻の奥にある細菌が中耳腔に侵入・増殖して生じるのが「急性化膿性中耳炎」です。他にも、中耳腔に滲出液が貯留して聴力低下を生じる「滲出性中耳炎」、鼓膜に穿孔が存在する「慢性中耳炎」、中耳腔に真珠腫というできものが存在することで炎症を繰り返す「真珠腫性中耳炎」があります。また、急性化膿性中耳炎が重症化した場合、小さなお子さんでは「急性乳様突起炎」という重症型の中耳炎に移行することもあります。

・急性化膿性中耳炎
 鼻汁を伴う上気道炎症状が先行し、その後、経耳管的に中耳腔に炎症が波及することで生じます。原因菌としては肺炎球菌とインフルエンザ菌が多いとされてきましたが、近年MRSAあるいはPRSP等の薬剤耐性菌による中耳炎症例が増加しつつあると言われています。
 症状は、耳痛、耳漏等が典型的ですが、乳幼児では、夜泣き、不機嫌、耳を触る仕草、原因不明の発熱等の原因が中耳炎であることも少なくありません。鼓膜の観察で、発赤、腫脹が確認されれば診断が確定します。
 抗生剤の内服・点耳を基本に治療を行ない、適宜、鼓膜切開や鼻の治療を併用します。稀に重症化して、耳の後ろの骨の部分(乳様突起)に強い炎症を生じ、同部の皮膚に発赤・腫脹を生じる急性乳様突起炎に至ることがあり、この場合には入院の上、点滴で強力に抗生剤治療を行なう、あるいは手術的に乳様蜂巣の清掃を行なう必要があります。


・滲出性中耳炎
 中耳腔に滲出液が貯留し、耳が聴こえ難くなった(伝音難聴を生じた)状態です。お子さんとご高齢の方に多い病気です。古典的には耳管の機能不全が原因とされ、鼻の奥にある増殖したアデノイドや鼻・副鼻腔炎の影響も大きいとされてきましたが、最近では感染やアレルギーの関与も指摘され、明確な原因についてはなお明らかでない部分があります。貯留液の量や性状により難聴の程度は様々ですが、お子さんで長期に続くようであれば言語への影響に留意しなければなりません。また、急性中耳炎と異なり、耳痛等の表面的な症状に乏しいため、健診で初めて滲出性中耳炎の存在を指摘される方も少なくありません。
 治療は鼻の炎症症状に対する内服や点鼻、ネブライザー、耳管通気(鼻から耳へ強制的に空気を送り込む治療方法)などの保存的方法から開始し、改善が不十分な場合には局所麻酔下に鼓膜切開を行ない、それでもなお再発を繰り返すようであれば、鼓膜換気チューブ挿入術を行います。お子さんの場合には全身麻酔下に、原因の一つとされるアデノイドの切除術を同時に行なうこともあります。留置されたチューブは、1〜2年で自然に脱落しますが、その間は耳に水が入らないように、水泳の際には耳栓を使用する等の注意が必要になります。


・慢性中耳炎
 鼓膜に穿孔を生じて、塞がらなくなった状態であり、感染を繰り返すことも多く、鼓膜の再生手術(鼓膜形成術)の適応となります。最近では経外耳道的に行なう簡易型の手術方法も工夫されています。

・真珠腫性中耳炎
 先天性あるいは後天性に真珠腫というできものが中耳腔に生じ、その部分を中心に感染を繰り返す疾患です。真珠腫は周囲の骨を含めた組織を破壊しつつ進展するため、放置すればめまいや顔面神経麻痺、難聴の進行を生じる結果となるため、早急に手術的に除去する必要があります。小児の真珠腫は再発率が高く、手術後も定期的な経過観察を欠かすことが出来ません。