その他
めまい
0
異物の話
0
睡眠時無呼吸症候群
0
顔面神経麻痺
0
【めまい】

 めまいの原因として、内耳が関与する例が少なくありません。内耳は、聴覚に関係する「蝸牛」と、体のバランスに関係する「前庭」の2つの機能を持っているため、内耳への血流障害、ウイルス感染等により難聴やめまいの症状が引き起こされることになります。良性発作性頭位めまい症、前底神経炎、急性中耳炎あるいは真珠腫性中耳炎の内耳への波及による内耳炎や瘻孔症状、めまいを伴う突発性難聴やメニエール病など、様々な内耳性めまいを生じる可能性のある疾患があります。

 内耳性めまいの特徴としては、回転性のめまい(周囲の景色が回転して見える、あるいは自分自身が回転しているように感じる)が多く、眼振といわれる特徴的な眼の動きを認め、耳鳴や難聴等の蝸牛神経症状を伴う例が多いことが挙げられます。嘔吐症状を認めることはあり得ますが、原則として、意識障害や他の脳神経症状を伴うことはありません。幼小児では、めまい症状をうまく表現することができず、怖がって立とうとしない、あるいは周囲の者にしがみついて離れない等の症状として出現してくることがあります。

 耳鼻科的な検査として、フレンツェル眼鏡下の眼振の観察(多くは水平回旋混合性眼振)、聴力検査、聴器単純X線検査、電気眼振計検査などを行い、原因を特定することになります。

 内耳性めまいの場合、頭位変換で症状が増悪することが多く、めまいの急性期には、まず第一に安静を保つことが重要となります。経口摂取が困難となるため、点滴で水分を補給すると共に、めまいを押さえる薬の点滴および内服で症状が改善するのを待ち、その上で、聴力検査やCT等の、めまいの原因疾患の鑑別に必要な検査を行い、それぞれの原因疾患に応じた治療を行うことになります。