その他
めまい
0
異物の話
0
睡眠時無呼吸症候群
0
顔面神経麻痺
0
【異物の話】

 耳鼻咽喉科では、耳、鼻、咽喉頭、食道等の異物の患者さんを診ることが少なくありません。

 耳(外耳道)の異物としては、蚊やゴキブリなどの生物が入り込むことがありますし、お子さんの場合には、自分で何かを耳に詰めて取れなくなってしまうこともあります。通常は耳垢を取る時と同じ方法で、外来での異物の除去が可能ですが、協力が得られないお子さんの場合には、時には全身麻酔下に摘出することもあります。

 鼻の異物の大半は、お子さんが自分で物を詰めてしまう例であり、その存在期間が短い場合には特に症状を示しませんが、長期になると片側性の頑固な悪臭を伴う膿性鼻汁を生じることがあります。またボタン型電池の異物の場合、鼻中隔や鼻粘膜に短時間のうちに重篤な障害を与えるため、すぐに除去しないと鼻が変形する等の後遺障害を残す可能性もあります。

 咽頭異物は、そのほとんどが食事の際に魚の骨が口蓋扁桃に刺さるもので、外来で除去できる例が多いのですが、咽頭後壁や食道壁に大きな魚骨が刺さった場合、咽頭や食道周囲の重篤な感染症を生じる可能性もあり、決して油断はできません。また、咽頭に骨が刺さった時、御飯等を丸飲みして取るという方法が従来より言われていますが、かえって異物を奥に押し込んでしまう危険性もあり、早急に耳鼻咽喉科を受診して除去することが望ましいと考えられます。

 食道異物は、成人(老人)では薬の包装シートの誤嚥が多く、小児では硬貨や小さなおもちゃの部品を口に入れて遊んでいるうちに飲み込んで異物となる例が多いようです。また、明らかなエピソードが無い場合でも、お子さんで突然に飲み物や食べ物を受け付けなくなった場合には、異物の可能性を疑ってみる必要があります。食道異物の摘出は、局所麻酔あるいは全身麻酔下に、ファイバーあるいは硬性食道鏡を用いて行なうことになります。