その他
めまい
0
異物の話
0
睡眠時無呼吸症候群
0
顔面神経麻痺
0
【睡眠時無呼吸症候群】

 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome;SAS)とは、10秒以上持続する換気の停止(無呼吸)が7時間の睡眠中に30回以上繰り返される、あるいは単位時間に起きる無呼吸回数(無呼吸指数:Apnea Index;A.I.)が5回/1時間以上の場合を言います。厳密には、閉塞性無呼吸と中枢性無呼吸およびその混合型に分かれますが、多くは閉塞性睡眠時無呼吸パターンを示します。

 症状としては、無呼吸が存在することはもちろんですが、その前段階としてのいびき、鼻閉、寝汗、また無呼吸があることで夜間に十分な睡眠が取れないことに起因する昼間の傾眠傾向、寝起きの悪さ、起床時の頭痛・口内乾燥感・咽頭痛、などが挙げられます。小児では夜尿や寝相の悪さ等の症状を認めることもあります。

 原因は、小児ではアデノイド増殖症と口蓋扁桃肥大が大部分を占めますが、成人では肥満の影響が大きく、その他に副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、軟口蓋の形態異常などが関与する場合があります。

 治療に際しては、まず夜間の呼吸状態の検査等により無呼吸の重症度を把握し、その上で、原因疾患に対する治療を試みますが、治療が困難な場合には就寝時に鼻にマスクをあてて呼吸を助ける方法(Nasal CPAP)を行うことも考えられます。

 精密検査に関しては、一般の耳鼻咽喉科では困難となりますが、原因と考えられる鼻やのどの疾患に対する保存的治療により、症状の改善を図ることが可能な場合もありますので、無呼吸が疑われる場合には、一度耳鼻咽喉科を受診して、鼻のどの検査を受けることをお勧めします。