のどの病気
アデノイド増殖症および口蓋扁桃肥大
0
急性咽喉頭炎、扁桃炎
0
舌小帯短小症・上唇小帯短小症
0
嗄声(声がれ)
0
声門下狭窄:先天性、後天性
0
【急性咽喉頭炎、扁桃炎】

 発熱、咽頭痛、嚥下痛等の症状とともに、咽喉頭や扁桃の発赤・腫脹、扁桃への膿栓の付着等の局所所見が得られることで診断します。原因としては、ウイルス性と細菌性に大別されますが、特徴的な所見を伴う例を除き、初診時に両者の鑑別が困難なことも少なくありません。

 ウイルスが原因の場合、
  感冒の部分症状として出現する例が大半ですが、伝染性単核症(EBウイルス感染症)や、小児の場合にはヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜炎、急性声門下喉頭炎(いわゆる仮性クループ)等も考えられます。流行状況によってはインフルエンザの可能性も考慮する必要があります。

 細菌を原因とする例としては、
 化膿性扁桃炎および咽喉頭炎が大半で、時に急性喉頭蓋炎を生じる例があり、小児では溶連菌感染症(猩紅熱)の可能性も考えられます。
 また、特殊な例として、白血病や無顆粒球症の初発症状の可能性もあるので、注意が必要です。

 治療方針として、
  ウイルス性咽喉頭炎および扁桃炎の場合には、原則として、随伴する症状を含めて、内服を中心とした対症的処方を主体とした治療を行います。処方としては、消炎剤や解熱鎮痛剤の内服に加え、含嗽剤あるいはトローチの併用が考えられます。初診時に細菌との混合感染が否定できない場合、および明らかに細菌性咽喉頭炎および扁桃炎の場合には、想定される起炎菌に有効な抗菌剤も投与します。しかしながら実際の臨床においては、ウイルス性咽喉頭炎であっても二次感染の予防を目的として抗菌剤が投与されることも多いようです。

 経口摂取が不十分となるような重症例や、小児で薬の内服を嫌がる場合には、坐剤の抗菌剤や解熱鎮痛剤の投与、あるいは外来・入院での点滴による水分補給および抗菌剤投与を検討します。喉頭蓋炎を併発し、呼吸困難を来す可能性がある場合には可能な限り入院の上、点滴加療を行う必要があります。

 膿瘍等を形成した場合を除き、外科的処置は必要ありませんが、反復する扁桃炎に対しては、状況によって摘出手術を検討することになります。