トピックス
耳垢の話
0
アレルギー性鼻炎ご家庭での対処法
0
ダイビングと耳鼻咽喉疾患
0
飛行機と中耳炎
0
【飛行機と中耳炎】

 飛行機に乗ったり、高層ビルのエレベーターで耳の痛みを感じる方がいらっしゃると思います。ダイビングと同様に、耳管の機能が不十分な場合、気圧の変化に対応出来ず、中耳腔の圧力が周囲より高くあるいは低くなることで、鼓膜が外に膨らんだり、内側に陥凹して、耳の痛みや詰まった感覚を生じることになります。

 通常は、つばを飲み込む動作(嚥下動作)やあくびをすることで、耳管が開いて圧力の調整ができますが、もともと鼻の疾患を持っている場合など、十分に耳管が開かないと、いつまでも耳の痛みや詰まった感じが続いてしまうことになります。特に、上空の気圧の低い場所から、地上に戻る時には、気圧の変化に対応し難い傾向があります。飛行機の場合には、降下体制に入ったら、点鼻薬等を使用して鼻および耳管の粘膜の腫脹を抑え、その上で、ガムを噛んだり飴を舐めたりして、こまめに嚥下動作をくり返すことが有効な場合があります。地上に降りても耳の詰まった感じが抜けないようであれば、そのまま急性中耳炎に移行する可能性があり注意が必要です。